ブーティ出典:http://wear.jp/

パンプスとショートブーツの中間の高さのブーティは、何にでも合わせやすい丈なので、寒い季節に大活躍のシューズです。
パンプスでは寒いし、ロングブーツだと細身でないパンツには履けない・・・といったお悩みも、ブーティなら解決♪
ぜひブーティを使ったコーデをチェック!

▼関連するおすすめ記事

ショートブーツのコーディネイト術♡2017年のおすすめの外せないアイテムご紹介♪
こなれ感への第一歩!!オシャレな人に学ぶ【アンクル丈デニム×ショートブーツ】の絶妙バランスコーデ術☆

”ブーティ”を使用したおすすめコーデ

タイト気味なシルエット出典:http://wear.jp/


ブーティはあまり長すぎるスカートに合わせると、足が短く見えてしまうことも。
でもタイト気味なシルエットなら、膝が隠れるぐらいか膝下丈のスカートを合わせてもいい感じに。
このコーデのように、ブーティのカラーはタイツと合わせると足が長く見えます。
ジャケットにキャメルブラウンを持ってきたことで、大人っぽい雰囲気になっています。


スキニーパンツ出典:http://wear.jp/


このコーデのようなスキニーパンツならインできるブーツもありますが、細身ブーツだったり、パンツの裾をロールしているとそれも難しいもの。
でもブーティならばパンツでも悩まずに合わせることができるので、応用がきいてとても便利です。
スカートのコーデにもパンツのコーデにも活躍してくれるブーティは、ぜひ1足は持っておきたいものです。


ブラックで統一出典:http://wear.jp/


ブーティとタイツの色をブラックで統一した、脚長効果のあるコーデです。
ブーティを取り入れるスカートのコーディネートなら、まずはこうしたベーシックな使い方をしてみては?
1枚でも暖かいベージュのニットセットアップは、冬でも重たくならないカラーで抜け感が楽しめます。


1足目のブーティ、どんなデザイン、どんなカラーを選ぶべき?

ショートブーツ出典:http://wear.jp/


ブーティはショートブーツっぽいもの、編み上げ靴っぽいものなど、ブーツよりもデザインの種類が多くて迷ってしまいがち。
そんな時はシンプルなゆえにスカートにもパンツにも合わせやすい、ショートブーツっぽいデザインのものをまずは手に入れてはいかが?
靴ひもがないものならさっと履けるので、朝の忙しい時にもコーデがあっという間に完成します。
シンプル過ぎてもつまらないと思ったら、ワンポイントで飾りがついたものをチョイスして、自分らしいブーティを見つけましょう。


何でも合わせられるブラック出典:http://wear.jp/


1足目として買うブーティは、何でも合わせられるブラックがおすすめ。
冬によく皆が着るモノトーンコーディネートにはもちろん、このコーデのような柄物のトップスやアウターにも、ばっちり合わせることができます。
引き締め色のブラックなら、スタイルをよく見せるのにもひと役かってくれるかも。
他にはダークなブラウンなどベーシックなカラーを選んでおけば、シーズン中には活躍間違いなし。


31 件

【ブーティコーデ決定版】パンツにもスカートにも♡2017年ブーティでるおしゃれコーデ集

関連するタグ

前の記事次の記事

今年あの懐かしい「ミュール」が帰ってきた!2017トレンドのサンダルはミュールがなくちゃ始まらない!

涼しげ、楽ちん、おしゃれ!3拍子揃った”柄パンツ”がお気に入り♡夏に向けて柄パン女子急増中♡

著者

ponte_nao

PONTE運用事務局のnaoです。 みなさんがもっと毎日を楽しめるようにトレンドを発信していきます!

TOPページへ

関連する記事

履くだけで旬顔に♡ショートブーツのレディースおしゃれコーデ特集♪

履くだけで旬顔に♡ショートブーツのレディースおしゃれコーデ特集♪

一足だけで自由自在♡今シーズン大活躍間違いなし、「黒ショートブーツ」がダントツで優秀!

ブーツコーデ♡秋冬から春まで使えておしゃれ&楽ちん!

オシャレが加速!秋の先取りオシャレは女子が大好きなブーティで♡

足元の冷え対策にはショートブーツが正解♡GUプチプラショートブーツであったかお洒落なコーデづくりを。