セルフジェルネイルにおけるジェル筆(ジェルブラシ)は、アートに欠かせないとても重要なアイテムの一つです。そんなジェルネイルには筆の種類がたくさんあり、使い分けることでとても便利にアートができるようになります。必須級の筆もあれば、あると便利な筆まで、種類は非常にさまざま。今回は、ジェルネイルに使えるジェル筆の種類をいくつかご紹介します。自分がやりたいアートに合わせて、筆を選んでいくとスムーズですよ。

基本的な筆

 (543790)

●平筆(フラット・スクエア)

ジェルネイルの全ての工程に使います。
特にカラージェルを爪全体に塗るときに使います。
もっとも使用頻度の多くなる筆なので、何本持っていても損はありません。
また筆先の幅が大きめのものもあれば、小さめの平筆もあるので、さまざまなサイズを揃えておくととても便利です。
ベースやトップのクリアジェルを塗るときにも使うので、「カラージェル用」・「クリアジェル用」・「ラメジェル用」といった分け方をするのもおすすめです。

●オーバル

筆先が丸みを帯びているタイプのジェル筆です。
「ラウンドブラシ」とも呼ばれます。
ホログラムをつけるときや、甘皮付近(自爪の根元あたり)に、ジェルを塗るときはとくに重宝します。
筆先が丸いため、甘皮付近も塗りやすくなります。
甘皮にジェルがついて困っている人にもおすすめの筆です。
Slow (埼玉県伊奈町)

Slow (埼玉県伊奈町)

●フレンチ

定番デザインであるフレンチネイルは、フレンチラインが上手く描けないと悩む人が多いです。
平筆やオーバル筆では描きづらいフレンチラインも、フレンチブラシを使うことでうまく引けるようになります。
先端は斜めにカットされており、まっすぐブラシを動かすだけでフレンチラインが描けます。
フレンチラインがうまく引けなかった人におすすめです。
atelier tRico

atelier tRico

持っておくと便利な筆

 (543798)

●細筆(アート筆)

その名の通り先端が細くなっている筆です。
繊細なアートや、模様などを描くのに使えます。
特にマーブル柄やピーコック柄、バンダナ柄など、柄や模様などを描くときに重宝します。
最初のうちは必須ではありませんが、セルフジェルネイルに慣れてきたころにはアートの幅も広まるので、揃えておくといいでしょう。
atelier tRico

atelier tRico

●コームブラシ

筆先が他の筆よりも、バサつきがあって繊細なアートに使える特殊なブラシです。
毛同士に小さな隙間が開いているので、主に細くてこまかい線をたくさん引くのに使えます。
古くなった筆をリサイクルして、自作することもできます。
繊維のような質感のある柄や、定番のツイード柄やデニム柄などに重宝するので、このような柄ネイルが好きな人は1本持っておくといいでしょう。
ネイルサロン ナシノキ (大阪)

ネイルサロン ナシノキ (大阪)

●グラデーションブラシ

やや斜めにカットされた特殊なブラシです。
その名の通り、グラデーションネイルをしたいときにとても便利です。
使い方は、筆の尖っている方に一色目のカラーをつけ、反対側には二色目のカラーをつけてから爪に塗ります。
atelier tRico

atelier tRico

いかがでしたか?
平筆以外のジェル筆も少しずつ揃えておくことで、できるアートの種類も広まりますよ。



Itnail編集部

元のページを表示 ≫

関連する記事

1 件

【ジェルネイルに欠かせないジェル筆の種類】アートに合わせて使い分けよう!

前の記事次の記事

もうイライラしない!ネイルを早く乾かせる身近なアイテム

【シロップネイル】夏にピッタリな涼しけデザイン特集

著者

Itnail

Itnail(イットネイル)では、最新の人気ネイルに関する情報のまとめサイトです。

TOPページへ

関連する記事