「普段のネイルは自分で」とセルフネイルを始めてはみたものの、意外と難しくて思ったような仕上がりにならない……と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。でも、毎回ネイルサロンに行くと、凝ったネイルアートができるものの、時間はもちろんお金がかかってしまいます。実はセルフ初心者でも、デザインを選んでちょっとした裏技を使えば、ネイルアートをきれいに仕上げることができるんですよ。身近にある道具できるデザインも多いので、ぜひ試してみてくださいね。

セルフ初心者でもできるネイルデザイン

Lottie nail (代々木上原)

Lottie nail (代々木上原)

●ドットネイル

ベースカラーを塗ったら、好きな位置にドット(水玉)を描いていく基本の柄ネイル。
ドットの大きさや数、配置、ドットの大きさを均一にするかバラバラにするかなどによってかなり雰囲気が変わります。
レッドやピンクをベースにすると、ポップな感じになりますよ。
ネイル専用のドットペンを使わなくても、アメピンの丸い部分やつまようじなどで代用することができます。
Kanoanail (西麻布)

Kanoanail (西麻布)

●グラデーション

カラーの変化を楽しみつつ、上品な指先を作ることができる定番デザインです。
一見、技術が必要で難しそうに思えますが、スポンジを使った方法など簡単な塗り方がいくつかあります。
スポンジはカラーをぼかすのに使ってもいいですし、スポンジにグラデーションアートをしてから爪に押し付けるという方法もあります。
初めのうちは、カラーを2色程度に留めると塗りやすいですよ。
ラメネイルが好きな方は、ラメグラデーションでキラキラ美しいネイルにするのもおすすめです。
Slow (埼玉県伊奈町)

Slow (埼玉県伊奈町)

●フレンチネイル

白フレンチは、初心者がマスターしておきたい基本デザインの一つ。
清潔感のあるきれいな指先を作ることができ、さらに場面を選ばず、どんなコーディネートにも合わせることができます。
上手くフレンチラインが描けない場合は、ガイドシールを使いましょう。
ガイドシールの代わりに、マスキングテープや絆創膏(両端が丸いもの)を使ってもいいですね。
もし、フレンチラインを描くのに失敗したら、境目の部分にラメやストーンを置いて隠すこともできます。
gloss nail (代々木上原)

gloss nail (代々木上原)

●チークネイル

デートから女子会まで、幅広い場面で活用できることで人気のチークネイル。
定番のフレンチやグラデーションなどと比べて、キュートでガーリーなデザインが多いです。
ポイントは爪中央のじんわりと色づいたカラーで、中央に乗せたカラーを上手くぼかすことが重要となります。
マニキュアでチークネイルを作る場合は、チーク部分に使うカラー(定番はピンク)をアルミホイルに出しておきます。
ベースを塗った爪に、綿棒やスポンジにカラーをつけて爪の中央にぽんぽん色をのせていくと上手くいきますよ。
ピンク以外には、オレンジや淡いブルーなどがおすすめです。
JunoQuartz×grace

JunoQuartz×grace

まずは簡単なデザインから!

H&S

H&S

InstagramやTwitter、ブログなどでプロ顔負けの凝ったネイルが紹介されているため、セルフ初心者でもつい難しいデザインに挑戦してみたくなります。
でも、慣れていないうちはいきなり難しいデザインに挑戦するのではなく、簡単なデザインから始めましょう。
一度上手くできたデザインを次にするときはアレンジを加えるようにすれば、あっという間にネイルテクが上達して、セルフ上級者になれちゃうかもしれませんね。



Itnail編集部

元のページを表示 ≫

関連する記事

1 件

簡単かわいい!セルフネイル初心者にトライしてほしいデザイン

前の記事次の記事

【刺繍ネイルが大人気♡】トレンドファッションと合わせたいデザイン特集♡

もうイライラしない!ネイルを早く乾かせる身近なアイテム

著者

Itnail

Itnail(イットネイル)では、最新の人気ネイルに関する情報のまとめサイトです。

TOPページへ

関連する記事